キタガク(市民大学きたもと学苑)新着情報

2007年12月12日(水)市民教授スキルアップ講習会開催

市民教授こ講座開設のノウハウを学ぶために、著書「行列のできる講座、イベントの作り方」の「エセナおおた」理事である牟田静香氏を講師に招き、公団地域センターにて開催した。
参加者は29名、講習終了後は同センター和室にて市民教授の昼食懇親会を行った。


▲集会室での講習会                                       ▲和室でのランチ懇親会

▼講義の内容

前半は、「エセナおおた」での苦労話、成功への道のりをお話いただき、12枚のチラシをもとに実際に参加者が集まったのかどうか、なぜ集まったのか、なぜ集まらなかったのか分析を個人、グループで討議しました。

その後、牟田さんから各チラシの参加者数結果と、その分析をお話いただいた。

個人分析では、12問中最高の8問正解者が参加29名中5名(佐野吉氏、佐野さ氏、清水氏、小池氏、高橋理事)おられ、牟田さんからお褒めと参加者から賞賛され、盛り上がりをみせました。

後半は、企画力向上のための自己啓発方法、タイトル選びのポイントをお話いただきました。

例えば、パンフレットのレイアウトで会場、講座日時欄と講師欄は逆にしたほうが良い。なぜなら、市民のニーズは講師ではなく、日程のほうが重要。そして、講師名では絶対集まらないといわれました。

講師欄に経歴を長々と入れていますが、それよりも「しないで人気の●●」、「前期講座申し込み率●.●倍のヒット講座●●」などのほうが参加を促進できるのではないか等々具体的な内容であっという間の3時間の講義でした。

最後に質問コーナーで市民教授からの質問にお答えいただきました。

▼懇親会
市民教授の齋藤さんの手作り弁当にてランチ懇親会を実施しました。齋藤さんからは本日のランチのポイントなどの説明をいただき、その後自己紹介をしていただき、日ごろの講座の悩みや感じることを話し合うことで、今後自分自身の講座の参考になったことや、他の市民教授との交流が出来た有意義な懇親会でした。